YOSSY's diary

投資メモです。

2021年1月末保有銘柄の配当予想

 現在、投資&ブログのマイブームが復活しており、モチベーションが高いです。今回は、相場下降期に入ったのでは?という予想のもと、相場下降期での私の戦略と最悪ケースの今年の実現益を見積もってみました。

 

 まず、私の相場下降期での戦略ですが、それはマイルールの通り、”ホールド”です。来週、もし値上がりしてプラ転する銘柄が出たら、その銘柄は全て売却してしばらくは様子見をする予定です。あとは、様子見をしながらヘッジ売は考えます。様子見の後、更に値下がりすれば”追加投資”も考えていますが、そのタイミングは難しいですね。

 

 次に、最悪ケースの実現益の計算ですが、現在の現物保有銘柄の配当予想をしてみました。結果は下図の通り、約65万/年でした。信用取引分は高配当銘柄が多く、実際は実現益も得られるのですが、手数料等を加味するとほとんど利益はないと思うので、今回は加味しませんでした。その結果、最悪ケースの今年の実現益は現在の実現益131万+配当65万=196万/年という計算になりました。(一応、株価半減以下になっても追証には追い込まれないと思います)最悪ケースだと、目標には大きく届かないですが、想定外のリスクは取りたくないので、戦略は変えるつもりはありません。(本当の最悪は資本主義の崩壊ですが、そこを考えたら投資はできないので。。。)

 来年も相場下降期が継続するかもしれないので、銘柄入替もシミュレーションしましたが、銘柄分散しておきたいのですぐには行動しないつもりです。

 

 最後に、私の相場下降期のマインドですが、最悪でもこれぐらいは利益が得られるという実現益に目を向け、トータルパフォーマンスはあまり考えないようにしています。働いているからこそできる方法かもしれませんが、これがよかったかは2030年までにFIRE(Financial Independence, Retire Early)できているかの結果を待ちたいと思います。

 Let's have investment strategy!

f:id:YOSSYYOSSY:20210131072250j:plain